タロットカードとは

タロットマペット

タロットカードとは

タロットカードは全78枚のカードから形成されており、それは大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、
小アルカナと呼ばれる56枚のカードに分けることが出来ます。

もともとタロットの起源については諸説ありますが、タロット=タロー=トートであると言われ、
トートというのは知識の神の名です。

カードの絵は一枚一枚に意味を持ちますが、実は一つの物語になっているのです。
ある一人の「愚者」が「奇術師」の啓示を受けて探求の旅に出て、
時には苦難をうけながらやがては「世界」の真理にたどり着くという意味の物語です。

その「愚者」とは「可能性」を意味し、すなわちあなた自信を表します。
「吊るし人」は「忍耐」を、「月」は「不安」をというようにそれぞれ人間の内面を
表す意味を持っています。

大アルカナ

この22枚のカードは、タロット占いをしていく上で非常に大切なカードになります。
小アルカナを覚える前に確実に大アルカナの全カードをマスターしましょう。

小アルカナ

小アルカナのカードは数が多いですが、大アルカナのカードをしっかりと理解できて
いれば意外とスムーズに覚えられます。

大アルカナ22枚のカードだけでも十分占いをすることが出来ますが、
小アルカナは大アルカナと比べると細かい視点で結果が現れてきます。

大アルカナと小アルカナのカードをあわせた78枚で占うことにより、
問題を広く深く占うことが出来るようになります。