マルセイユ版タロット

タロットマペット

マルセイユ版タロット

18世紀頃にはミラノ辺りでも生産されたが、当時一大生産地となったマルセイユにちなみ
「マルセイユ版タロット」と呼ばれる。

この頃はまた、ちょうどフランス革命前後の不安定な社会を背景に、
占い師エッティラが活躍していた頃に重なり、タロットを神秘的な物と見る風潮が高まって
占いにも多用されるようになっていった。

アントワーヌ・クール・ド・ジェブランが『太古の世界』を著し、タロットのエジプト起源説を唱える
と、それに触発されて、最初の職業タロット占い師でもあるエッティラが新解釈のタロットを作り出した。

エッティラは上記のカード占いの方法をつかって最初の体系的なタロット占い術を編み出し、
1783年から1785年にかけて『タロットと呼ばれるカードのパックで楽しむ方法』を出版した。

かれはジェブランを信奉し、エジプト起源説によってタロットに神秘主義的な意味づけをした。
またタロット占いに初めて「逆位置(リバース)」という解読法を加えた他、
小アルカナの4スートに、四大元素を当てはめるなどし、さらに、初めてタロットと
占星術を具体的に結びつけ、大アルカナから3枚を除いた19枚に7惑星や12星座との関連を与え
「机上の占星術」という一面をもたらした。

これらのタロット大革命により、エッティラは事実上、現代につながる神秘主義系タロットの
開祖となった。また、それとは別に、タロットの順番が長い歴史の間に誤って伝わってきたと主張して、
独自の考えに基づいて大幅なカードの順番入れ替えと絵柄の変更を行い、
はじめて、占い専用でしかも美麗なオリジナルデザインの「エッティラ版タロット」デッキを作成した。

このデッキはヘルメス哲学、錬金術、旧約聖書、ヌメロジーなども取り込んだもので、
のちに数多くの独創的なオリジナルタロットが創作される嚆矢となった。