なぜ人は占いに頼るのか

タロットマペット

なぜ人は占いに頼るのか

何故、人々は占いを頼りにしたがるのか?という素朴な疑問に対して、以下のような理由が考えられます。

将来への不安解決を占いに託し、解消材料を見出す。
不確定で不安定な事柄からの危険回避作業が、占いを求める心理の基礎にある。

<不安はいつも未来と関係している>のです。分かりきっている事ばかりじゃ、未来は面白くないのですが、
分からないのも不安で怖い。

それは、自分自身に向けられた物語を受け取り、自分で納得できる解釈を与える作業に他なりません。

我々が関わり、経験していく日々の中で、物事に対して合理的で因果関係の中で明らかに
なる枠組みがあれば、自分自身で理解し納得することが出来る訳です。

しかし、こうした枠組みを超えてしまった事柄、事象、現象に直面したとき、
何か説明してくれる{理由づけ}が欲しくなるのが人間であるという事なのでしょう。

しかし現実世界での物事はダイナミックで収拾がつかない事ばかり、それらすべてを心に起こる
情動や思念に閉じ込められるモノではないにも関わらずに、占いの言葉に換言してしまう作業は、
事実を自分の想像の世界に閉じ込めてしまう傾向が大いにあります。

本来外界と自分とを繋いでいた現実の回路を遮断してしまい、矮小な行為になりかねないと
最近ふと考えてしまいます。