様々なタロットカード

タロットマペット

様々なタロットカード

タロットカードの種類は、現在大きく分けて、「ライダー・ウェイト・タロット(ウェイト版)」系と
「マルセイユ・タロット(マルセイユ版)」系の二つに分けられます。

「ライダー・ウェイト・タロット」系は78枚が全て絵札となっており、
従来のマルセイユ版や「ソラ・ブスカのタロット」を元に19世紀末の魔術結社「黄金の夜明け団」
の教義を加え、20世紀初頭に誕生し、イギリス、アメリカで主流となりました。

「マルセイユ・タロット」系は小アルカナ56枚がトランプの様に数札となっており、
歴史が古くヨーロッパで伝統的に使用されてきました。

以下に、現存する最も古いヴィスコンチ家のカードから、
現在に至るまでに発生したタロットカードの種類を記述します。

15世紀のヴィスコンチ家のカードから16世紀、17世紀とデザインや大アルカナの順番の
バリエーションの細かい違いのあるカードが複数発見されていますが、
現在まで残っているデザインで古いものは、マルセイユのタロットです。

これの元になったデザインは17世紀後半に出来たようですが、一部の「月」や「星」のデザインは
すでに16世紀半ばのイタリアのカードに現れていたようです。

また18世紀中盤あたりから現在も残っているゲーム専用タロットが発明されてきました。
そして18世紀後半のクール・ド・ジェブランのタロット古代エジプト起源説により、
エッティラなどのエジプシャン・タロットが登場します。